忍者ブログ

てくてく日記

ごろりの日常(育児生活?)をのんびり綴っています(^-^)☆

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
家を買ったとき、売り手が(1年間分の)補修保障の保険(Warranty)代を負担してくれました。買った年に、ぽつりぽつり壊れてくるもんだよ~と聞いていたけど、その通りでした。ビルトインされている電子レンジのパネルが壊れて、換気扇が使えなくなり、パネルごと交換に(↓)。


うちが入っているWarrantyは、1回の補修につき、一定額を自己負担するしくみ。なので、同じ(1つの)業者で出来る修理内容をまとめてお願いするのが、賢い利用の仕方なんだと学びました~。ワランティーに入っているうちに、大物の修理が出てくれると有難いなぁ。

拍手[2回]

PR
カウンティのAppraisal Districtから2015年度の固定資産税の支払い額の元となる土地と住宅の評価額(Appraised value)のお知らせが届いた。これをみると、(日本とま逆で)土地の価格は微々たるもので、建物の価値がいかに(土地に対して)高いかがよくわかります。

2014年度と比べて、土地の価格は変わっていないのに、建物の評価額が数百万円も上がっていて(購入価格より高い評価(汗))目玉が飛び出そうでした。家を売る時には有難いことですが、納税額が飛び上がるのは避けたい~。というわけで、リアルターさんと(夫が)相談したところ、近郊全域で評価額が大幅に引き上げられたのだそう。これは10年くらいかけて続く予定だとのことで。。。いやはや恐ろしい。

黙っていては泣き目を見るアメリカ、Protest(異議申し立てになるのかな)することにしました。まずは、イニシャルプロテストを(夫が準備して)書類で郵送~。これをAppriasal Districtが認めない場合は、ヒアリング(面接)となるそうです。そのときに提出するための(交渉用の)資料もリアルターさんが準備してくださった(ただ単に、自分たちの買い値がいくらだったと言っても、市場価格が上がっていると相手にして貰えないそう)。もう契約期間は終えているというのに、有難いことです。

追記:
その後、先方からいきなり3人との面接になる旨の文書が届いた。平日の昼間が指定されており、夫の仕事の都合で今回は泣く泣く断念。来年こそ・・・。

拍手[2回]

家を購入(クロージング)する前日にあった、ファイナルウォークのときに、ガレージオープナーが片方だけついてないことが発覚。「あ~、気づかんかった~」と夫婦して凹んでいたところ、リアルターさんがオープナーをプレゼントしてくださいました。

そして、昨日、パートナーさんとハンディマンが来て、取り付けまで(無料で)してくださった。。。しかも、とっても親切なお二人で。いくら感謝してもしたりないくらいです。こういう時、もっとおもてなし上手にならねばと思います。せめてお礼のカードをだそう。

拍手[2回]

前の住人が花壇に敷きつめようと買ったらしいレンガ。三か所のうち一か所は疲れて諦めたのか、ガレージにレンガが大量に積んでありました。それを夫がせっせと運んで並べてくれました。すっきり~


その間、犬を庭に放して遊ばせておいたら、暑かったのか、あっという間にお家に入る入るとせがんできました。箱入り犬だこと~(笑)

拍手[2回]

オプション期間が終わると、少しだけ落ち着きました。あとは、ローン会社が物件を査定して(Appraisal)、ローンの許可が下りるのを待つ。許可が下りたら、家の最終点検をして(ウォークスルー)、契約書にサイン(クロージング)をして、家の購入が完了しました。あとは、ライフラインの設置に立ち会い、引越しをすることになりました。以上、ほとんど夫が頑張ってくれました。

これにて、秋からひっそり続けていた家探しはおしまい。家の見学は楽しかったから、なんだか名残惜しい気もします。我々は住宅を決める優先順位を「平屋」→「明るいリビング」にしたので、「キッチン」、「庭の広さ」や「フローリング」など妥協したところは沢山あるけれど、気に入る家に出会えてよかったなと思います。

それに、最初に購入した家は愛着が湧くと聞きます(実際、セラー側がオファーを受け入れる前に、バイヤー(私たち)が家を大切に使ってくれそうか確認されたそう)。(今は家具を新調する余力はないので)何年もかけて少~しずつ気に入った家具を揃えたり、家の改造をして、自分たちの好みの家にカスタマイズしていけたらなと思います。セラーが大事に管理してきた家を、私たちも大切に住まいたいです☆











備忘録:

<諸々の申込など>
ローンの許可がおりた書類が届いてから、電気・ガス・水道・ゴミ回収・家の修理保証などの申込を開始した。あとは、必要な白物家電(冷蔵庫、洗濯機、乾燥機)の下見をした(クロージング前は、クレジットヒストリーに響くので、高い買い物は控えるよう言われた)。我が家はアパートの家賃の関係から、引越し業者にクロージングまで仮で日程を確保してもらった。


<ウォークスルー>
我々の場合は、インスペクションの結果、大きな修理個所はなかったので、特に修理はせずお金を支払ってもらって解決となった。そのため、特に点検すべき点はないのだが、セラーが残した物などがないか、リアルターと一緒に物件を最終点検した。


<クロージング>
セラー側の日程の都合から、彼らは我々とは別の日にクロージングを行うことになった。クロージングには、ローンの頭金とクロージング費用をキャッシャーズチェックで準備した。当日は、夫婦ともにID(免許など)を持参して、契約書にサイン(ローン会社がもう支払ったお金をまだ支払っていないように記載していたりすることがあるそうなのでしっかり説明をきいて確認すべしだそう)。

拍手[2回]

プロフィール

書き手:ごろり
アメリカに住む主婦です。今日、楽しかったこと、嬉しかったこと、おいしかったもの、初めてのこと、うっかりしたこと、そんな小さな幸せや発見を書き留めていきたいなと思っています(*´︶`*)

2017年4月からノルウェーでの駐在生活がはじまりました。

母親になって

今日で 日目です。日々、人として、親として成長していけたらなと思っていますヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノHappy on!

最新コメント

[01/19 かい]
[12/19 かばでぃ]
[12/03 ごろり]
[12/03 ごろり]
[12/02 わる]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- てくてく日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]