忍者ブログ

てくてく日記

ごろりの日常(育児生活?)をのんびり綴っています(^-^)☆

2017/06    05« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »07
サンフランシスコに戻ってきました。ここではゴールデンゲートブリッジやケーブルカーなどにも乗ったけど、一番の目的はカリフォルニア発Heath Ceramicsのお店にいくことでした。
お店につくと、
年代ごとにデザインの違う陶器が並んでいて、シンプルで使いやすそうでした。残念ながら、手がでなかった。けど、少しずつ食器も気に入ったものに入れ替えていきたいな。夫はテーブルや長イスが気に入ったもよう。
店の隣に、夫が一番行きたかったブルーボトルコーヒーがありました。なんと偶然。お店の人が、コーヒーの粉をもりっと入れて、ドリップしてくれたとのこと。日本の昔ながらの??喫茶店のコーヒーの味がしました。美味しかった!
-----
もうひとつ行きたかったのが、Tartine Bakelyというパンやさん。バナナタルトを試してみたら、美味しかったです。こんなにでかくなかったら、違うケーキも食べたかったな。
お決まりのBoudin Bakeryのクラムチャウダーは、パンを残したくないので、夫とシェアしていただいてきました。パンの酸味がたまらん。
これにて、今回の旅レポは終わります。

拍手[1回]

PR
Fort Braggからは1号線→128号線を通って南下するのがおすすめ。途中、州立公園をいくつか通過するので、走っているだけで癒されます。途中、道路に出てみたら、いい香りに包まれて気持ちよくて、エアコンを外気に切り替えました。
この日のお目当てはナパバレーでのワイナリーツアー。娘がたいくつするだろうと、ケーブルカーに乗ってツアーに行けるワイナリー(Sterling Vineyards)を選びました。4種類のワインを味見できる。
ここのこだわりは、新しいフレンチオークの樽を焼きつけて使っていることだそう。
ビデオでみた収穫の(手摘み)早技っぷりをみて、ブドウの仕立て方に納得。苗はひとつひとつカバーしてまっすぐ??育てているみたい。
棚はY字の棒に沿ってつるが伸びるように仕立てられていて、実は同じところ(ひざから腰くらいまでの高さ)について、効率よく収穫できるようになっていた。
ちゃんとネットを被せてある。この日と決めた日に一気に収穫するらしい。実もころころしていてそろそろなのかな~。
普段、ファーマーズマーケットあたりに行かないと、なかなか生産者の見える生活ができない。なので、ドライブ中に見かけたファームなどを眺めていて、ちょっとほっとしたような気持ちになった。だれかがどこかで一生懸命育てたり、自分たちの代わりに命を頂戴してくれて、快適に生きてることを忘れてはいけないですね。


-------


この日は暑くて、アイスで行きかえった。
128号線をドライブしたなら、だまされたと思ってHamburger ranch and BBQというお店に入ってください。スロークックにスモークされたポークリブとプルドポークが絶品でした。柔らかくて歯がなくても大丈夫そう。お店の雰囲気もよく、とっても清潔でした。




拍手[1回]

Fort Braggのすぐ南にあるMendocinoという町に行きました。ここは芸術家が好んで住む町らしく、小さくてユニークな家々が並んでいました。ダウンタウンも小さいけど、可愛らしかったです。ここでのお勧めはやっぱり海岸。ダウンタウンから車で海辺に行くと、いくつか駐車場が点在するので、そこから歩きます。どこもみても素敵☆ウィキペディアにも日本語がないように日本人はあまり訪れないようだけど、サンフランシスコに行ったら、頑張って足を伸ばしてほしいところでした。
海岸の植物も渋かわいくてうっとりでした♡風が強いので、基本枯れてるように見えました。よくみると、イチゴの実がなっていて、ジリスがいたりして、みていて飽きない。ピンクのユリっぽい花は、ヒガンバナみたいに茎と花だけにょきっとはえていて奇妙というか、異質な存在にみえました。

Mendocino Art Center
で展示してある作品たちは面白かったです。海が印象的なこの地だからか、海を題材にしたものがたくさんありました。夫には、わたしが好きそうなものばかりあるって言われました。アメリカの小さな田舎町は、住むのは大変そうだけど、なんだか落ち着くから好きです。

拍手[1回]

Fort Braggから車で1時間ほど内陸の町Willitsへ。ここでの目的は、スカンクトレイン(Skunk Train)に乗って、Northspurまでの往復。娘を列車に乗せることと、樹齢の高いレッドウッドが楽しみでした。
列車には、屋根のない客車(デッキ?)がついていて、そこから景色を堪能できました。樹齢1000年くらいの木などがあるところや開拓の歴史について、車掌さんがアナウンスしてくれるので楽しい。この列車が通るまでは、Willitsから海岸のFort Braggまで3日間かけて歩いていたそうですが、列車ができて3時間になり、道路が通って車では1時間で行けるようになったそう。
Northspur駅につくと、1時間くらい自由時間があります。その間に、列車はどこかでお客さんを乗せてターンしてきました。ここに樹齢800年くらいのレッドウッドの大木がありました。どの木も大きいので写真では(↓)その太さが伝わらず。10人でも囲えるかなくらい太かったです。
車内では、駅員さん??がいろんな楽器を使って(ギター、フルート、オカリナなどなど)みんなを楽しませてくれました。印象的だったのは、地元の人たちは列車が通りかかると、手を振ってくれること。テンションが上がっていた娘は、最後には爆睡していました。

拍手[1回]

Santa Rosaを出発して、Willits経由で、Fort Braggに向かいました。この日のメインイベントは、Jackson Demonstration State Forest(訳すなら、ジャクソン州立見本林といった感じ)でのハイキング。娘を背負子に乗せてForest History Trailを歩くことにしました。
この公園は、入林料がかからないだけあって、目的のトレイルに辿りつくまでが分かりにくかった~。もう諦めるかムードになった頃に、トレイルの立派な看板が。見本林というだけあって、施業しているらしく、ループになっているトレイルの半分が通行止めだとの貼り紙。トレイルもよく管理されていて、歩きやすかった。どのくらいのコストをかけて管理しているんだろう。
太いレッドウッドがたくさん生えていました。レッドウッドの外皮はふわふわしていて気持ち良かったです。レッドウッドは、針葉樹の総称みたいなものらしく、分布からカリフォルニアでレッドウッドというとセコイア(ヒノキ科の常緑針葉樹)のことみたい。いい香りがしました~!

州立公園でもこんなに壮大なんだから、きっと国立公園に行ったらすんごいんでしょうね!背負子に乗って、娘は足をばたばたと喜び、にっこりしていたし、大人ものんびり散できて、満足でした。

----




Fort Braggの市内に移動して、今度はグラスビーチ(Glass Beach)へ。ここは、その名のとおり、ガラス瓶の破片が波で削られて丸く石のようになったものでできたビーチだそう。
由来をきくと、う~むな感じですが、きれいなグラスを探して砂遊び。娘も、グラスに触って、楽しそうにしていましたよ。絵本「がたんごとんざぶんざぶん」が好きなので、波の音を聞かせてあげられてよかったです。
夕陽もきれいでした。

---
この日の美味しかったものは、アイスクリーム。可愛らしいダウンタウンの一角にあります。ワッフルコーンを焼くいい香りで、食欲がそそられます。



拍手[2回]

プロフィール

書き手:ごろり
アメリカに住む主婦です。今日、楽しかったこと、嬉しかったこと、おいしかったもの、初めてのこと、うっかりしたこと、そんな小さな幸せや発見を書き留めていきたいなと思っています(*´︶`*)

2017年4月からノルウェーでの駐在生活がはじまりました。

母親になって

今日で 日目です。日々、人として、親として成長していけたらなと思っていますヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノHappy on!

最新記事

最新コメント

[01/19 かい]
[12/19 かばでぃ]
[12/03 ごろり]
[12/03 ごろり]
[12/02 わる]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- てくてく日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]