忍者ブログ

てくてく日記

ごろりの日常(育児生活?)をのんびり綴っています(^-^)☆

2017/11    10« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  »12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

旅行の計画を立てるときに、いろんな人のサイトを少しずつ参考にさせてもらったので、わたしもこれから行く誰かのために、わかる範囲で旅情報をメモっておこうと思います。検索してこのマイナーなブログに当たった方の手間が少しでも減りますように~☆ただし、私の価値観もけっこう入っていたりしますし、もっとベターな方法もあるものとお心得くだされば有難いです。なお、情報は2013年6月現在のものです。

ここでは、ノルウェーの交通について書きます(^-^)

Norway in a nutshell
フィヨルド観光をしたい人にお勧めです。このサイトには、各フィヨルドまで行くモデルコースが紹介されていて、以下にあげたような交通やホテルの予約・現地でのアクティビティ(ヘリやカヌー体験、トレッキングなどさまざま)まで一括して予約・発券できるそうです。コースのアレンジもできるみたいです。だからといって、交通費が割安ということはないみたいなので、手配が楽ちんというだけかな。なお、添乗員さんがいるわけではないので、発券してもらったら(ブックレットみたいにひとつづりになっているそうです)、個人旅行と同じように自分たちで行動しているようでした。わたしたちは申しこみませんでしたが、このサイトでFjord Passを買って、ホテルの予約(これは少し割安になります)に活用しました。

オスロやベルゲンで動き回るなら、Oslo PassBergen Cardもお得そうです。路面電車は区間運賃になっていて、ある街ではひと区間たったの10分程度乗っただけで、500円以上かかりましたよ(T T)。

飛行機
一番早いのはやっぱ飛行機(予約は、norwegian, wideroeなどでできます)。
飛行時間が40分とか短くても、ご飯時間帯には、軽食(サンドイッチ、オレンジジュース、ヨーグルト、お茶)が出ます。それ以外は、お茶が出ます。物価が高いから何気に助かります。また、空港往復のエアポートバスも、主なホテルやバスターミナルから一時間に数本出ているので、安心です。渋滞もなく、ほぼ時間通りにつきます(ただし、季節によってルートなどが微妙に変わるみたいなので、観光案内などで要確認です)。

●電車
美しい景色を堪能するのに、おすすめです(予約は、NSBでできます)。
車内で販売している薄っぺらいワッフルも何ともいえず美味しいですよ!ただ、どの列車もけっこう席が埋まっていたので(注:6月)、上のNSBのサイトから事前に予約しておくことをお勧めします(携帯番号は適当な8ケタを入力しとけばよい)。クレジット決済すると、予約番号がメールされてくる。それを印刷して、主要な駅に行けば、自動発券機で事前に発券できます。オスロ(Oslo Sentrum)駅では係員もいたので、わからなければ英語で質問できます。

電車の乗り継ぎは、できれば余裕をもってスケジュールした方がよさそうです。わたしたちの場合は、放牧してるひつじが線路に出てきちゃって電車が止まったり(アナウンスが流れてみんなから笑いが起こりました^^)、30分以上遅れて来たり・・ということがありました。また、特に発車のベルなどはないので、発車時刻になったら車内にいることをお勧めします。なお、改札はなく車内で車掌さんが回ってきます。どの鉄道もスーツケースが置けるスペースがありました。

わたしの個人的なお勧めの鉄道は2つ(↓)。どちらも観光色が強くて、いい景色の場所で止まってくれたり、ホームに出たりできます:

①フロム鉄道(Flåmsbana )
オスロ(Oslo Sentrum)駅からベルゲン(Bergen)鉄道(自由席でした)に乗車して、ミルダール(Myrdal)駅でフロム(Flåm)鉄道(指定席でした。左右どちらの座席も景色がきれい)に乗り換えて、終点のフロム(Flåm)駅まで向かいます。乗り換えは同じホーム(の反対側)なので、移動も楽ちんです。もちろん逆ルートもあります。

②ラウマ鉄道(Raumabanen)
アンダルスネス(Andalsnes)駅からドンボス(Dombos)駅まで乗りました(指定席でした。この方向なら、進行方向に向かって左側の座席がお勧め)。2両のディーゼルカーで、きれいです。わたしたちはGeirangerフィヨルドからのローカルバスから乗り継ぎ、ドンボス駅で、トロンハイム行きの電車に乗り換えました。ドンボス駅からオスロ行きの電車も出ています。この駅の周りは、お店も何もないので、待合室でひたすら待つことになります。景色的には、逆ルートのドンボス→アンダルスネス→ガイランゲルフィヨルド方向の方が感動が大きいかなと思います。

●バス
地域によって、バス会社が違うみたいです。電車と同様、それ以上かな、景色を満喫できます。
私たちが行ったフロム・ベルゲン方面や、ガイランゲル方面では、nettbuss時刻表とルートPDF←年度に注意あれ)によく乗りました。特に、事前予約はしないでも大丈夫そうでした。支払いは、乗車時にクレジットカードか現金でできます。バスによってはクレジットカードを受け付けてくれなかったこともよくあったので、現金(NOK)を準備しておくことをお勧めします。フィヨルドのある沿岸地域では、南北方向の移動のために、バスごとフェリーに乗ったりして面白いです。フェリーに乗っている間は、トイレ以外は、基本バスのなかで大人しく過ごすことになります(大抵、10分から15分くらい)。

バスの運行には、夏時間(夏至あたりで切り替わっている!?)があったり、季節運行ルートもあるみたいなので、要確認です。ターミナル以外のバス停の姿は、屋根に雑草が生えた建物(屋根付きの待合所みたいな感じ)にバスマークがついているのをよく見かけました。そこで時刻表がはってありました。またルートによっては、景勝地で10分間ずつ停車して、写真を撮らせてくれます。ついつい写真を撮るのに夢中になって、みんな10分では戻ってこないので(笑)、乗り継ぎのスケジュールは十分余裕を持っておくとよいです。

お勧めルートは、2つ:

①Voss->Gudvangen間時刻表
この方向だと、左側の座席がお勧め。ヘアピンカーブの続く旧道をバスが下ります。反対ルートだと、新道から旧道を通って(観光のためにあえて戻って)Vossに向かうので、先を急いでいる人は、新道だけ通るBergen行きのバスに乗った方がいいのかも。

②Geiranger->Andalsnes間時刻表
同上、右側の座席がお勧め。午前便がない&夏時間のみ運行らしいので、注意。Golden Routeと呼ばれているそうで、ほんとさまざまな景色が楽しめます!よかった☆

●フェリー
沿岸を南北に移動する、またはバスじゃなくレンタカーなどで移動する人なら乗ったりするのかも。わたしたちが乗ったのは、フィヨルド観光のためのフェリー2つでした:

①Flåm->Gudvangen間(たとえばコチラ。所要時間2h30m。逆ルートもあり)
大小さまざまな船が運行してるので、お好みに合わせて乗れます。今回乗れなかったけど、6人乗りくらいの小さな船やカヌーも楽しそう!

②Hellesylt->Geiranger間(たとえばコチラ。所要時間1hくらい。逆ルートもあり)
Ålesundという街からHellesyltまでは、ローカルバスで移動できます。このバスルートでは、ガイランゲルフィヨルドを上から眺められるので、お勧め。

●クルーズ
フッティルーテン(Hrutigruten)という船に乗ってクルーズすることもできるそうです。ベルゲンからロフォーテン諸島あたりがハイライトみたいです。予約はこちらのサイトから。わたしたちは今回は乗りませんでした。世界各国からの巨大なクルーズ船も、いろんな港にいました。ほんとどでかかった。荷物背負って歩くのがしんどくなったら、乗ってみたいですね。

●レンタカー
各街で簡単にできそうでした。標識にはノルウェー語しかのってないのと、ロータリーが多いので、それだけ注意かな。わたしたちは使いませんでした。地元の人たちはキャンピングカーで移動しているみたいで、各フィヨルドのキャンプサイトは満杯状態でした。冷蔵庫やソファまで持ってきていて、まさにバカンスですね。楽しそうでした。いつかやってみたいです。

●タクシー
わたしは乗ってないけど、夫の話だとぼってくる運転手もいたそうです。チップはたしか3%程度でいいらしいです(訂正:チップはなしでも大丈夫みたいです。ちなみにレストランのチップはせいぜい2%くらいでいいとノルウェー人から聞いたそうです)。

●徒歩
ノルウェーの街はオスロでさえもこじんまりして歩けるサイズでした。わたしたちは毎日、何キロも歩いて、街並みや不思議なオブジェがたくさんの公園を楽しんでいました~。よかったら皆さんもスニーカーをはいて、可愛い街並みを堪能してきてください☆壁の落書きもなんだかレベルが高かったような気がしました。

*その他、ローカル情報なんかは、トリップアドバイザーの口コミ(とくに英語の書き込み)にお役立ち情報がのっていて助かりました!

拍手[2回]

PR
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
管理人のみ閲覧

プロフィール

書き手:ごろり
アメリカに住む主婦です。今日、楽しかったこと、嬉しかったこと、おいしかったもの、初めてのこと、うっかりしたこと、そんな小さな幸せや発見を書き留めていきたいなと思っています(*´︶`*)

2017年4月からノルウェーでの駐在生活がはじまりました。

母親になって

今日で 日目です。日々、人として、親として成長していけたらなと思っていますヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノHappy on!

最新コメント

[01/19 かい]
[12/19 かばでぃ]
[12/03 ごろり]
[12/03 ごろり]
[12/02 わる]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- てくてく日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]