忍者ブログ

てくてく日記

ごろりの日常(育児生活?)をのんびり綴っています(^-^)☆

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
去年かな、動物園にゴリラが来たというので、でかけてきました。5年ぶりくらいに行ったんだけど、動物園自体が進化してるような気がしました。前に気がつかなかっただけかな。お客にも、飼育動物のエンリッチメントもどんどん充実させているようで。
娘は好きな動物というよりも、気が付く程度に動いている動物をみつけると喜んでいました。クマはいったり来たりずっと動いていたので、上機嫌で見学。寝てばかりだったライオンには興味なし。
新入りのゴリラコーナー。ゴリラは凛々しい尻をこちらに向けて座っていたので、娘はそれほど興味を持たず~。わたしだけうきうき!
都会に出てきた風来坊的な風情のチンパンジー。ビルとの対比がなんとも。
なぜか三匹並んで行進していたチンパンジー。
椰子の実に見立てた?ボールに水が入っていたり、環境エンリッチメントを充実させる工夫がたくさんみられて感動。客も見やすく、チンパンジーもよく動いていました。
娘が楽しんでいたのは、クマのほかに、水にもぐって口をあけているペリカン、キリンでなく手前のダチョウ、クラゲ、タマリン、ミーアキャット、鳥、でっかくて泳いでいる魚あたりでした。
最後に、一番良いと思ったのは、海に捨てられたプラスティックで作ったアート作品の展示施設。一見、素敵だけど、こんな色とりどり、大きさのプラスティックが海に流されて、野生動物が誤飲したりしているわけで。娘がこういうのが分かるお年頃になったら再度訪れたいです。

拍手[1回]

PR
友人と出かける予定のキャンプで慣れないトレッキングシューズや背負子を背負って歩けるように~と、隙あらば近場の州立公園にお散歩にでかける我が家。犬も車でも寛ぐようになって、娘は背負子に慣れて、だんだんと適応してきたかな。我が家の場合は、途中休憩してお茶やお菓子をつまみつつ、だいたい1時間半から2時間かけてのんびり回れるようなコースがちょうどよいようです。今週末は、Sheldom Lake州立公園に行ってみました。まだ雨の影響が残っているのか、Lake手前でトレイルは通行止めに。
途中、コウモリのための巣箱には、グリーンアノールがいました。


展望台に登って、湖を満喫。下りの階段をこわごわ降りる犬。抱っこしなくても自分で歩けるようになって(嬉泣)


木道トレイルでは、小さな生き物にたくさん会いました。いい運動になりました~。



拍手[2回]

この週末は、いいお天気だったので、ここ数年、ずっと気になっていたけどいつのまにか逃していた、ルネッサンスフェスティバルへと、ついに行ってきました。
友人家族は、このために衣装を揃えたと聞いてたけど、なるほどでした。老若男女のお客さんがけっこう本気の仮装をして遊びに来てたので、自分たちも映画のエキストラになったかのような気分で歩けました。娘が、仮装してる人をもの珍しそうに見てたようで、ある人には「動物園ではじめてゾウさんを見たかのような表情ね!」と言われてました(笑)。写真の仮装してるのはほぼすべてお客さん(と、時々、店員さん)です。
仮装していかなくても、衣装や(仮装用の)武器、アクセサリーなどなどのお店がたくさん並んでいて、、、毎年来るたびに少しずつ調達してグレードアップさせてるのかなぁなんて話してました。私は帽子が気に入って被ってみました。それで気がついたんだけど、自分はどうやら帽子好きだったみたいです。気軽に買える値段じゃなかったので、今回も迷惑な客に(笑)
日本のお祭りの出店みたいに、ナイフ、ハンマーなどを使った射的、アヒル人形すくい、梯子から落ちずに鐘を鳴らす、大きなブランコ、、、、などなど、やってみたらついつい大人もハマってしまいそうなお店もたくさん。写真は、ハンマーで叩いて、木製カエルを池ぽちゃさせるゲーム。古きよき的な??
次に行く時は、ルネサンス風に仮装して、顔にペイントしてもらって、巨大ブランコなど娘とアクティビティも満喫できたらいいなぁ~と、夫といろいろ妄想してはわくわくしてました。夜までやってるからか、我々の帰りの道中、逆向き車線がどうしてこんな田舎道で!?って思うくらい大渋滞してました。

拍手[2回]

週末、一日だけ晴れたので、犬も連れて、Stephen F. Austin州立公園に出かけました。ここの見どころは、シカ、キツツキとフクロウらしい。今日は、洪水しているのかな、3本のトレイルしか開いてないよとのことで、そのうちの2つを歩いてみました。
トレイルでは、赤い花や実が目につきました。紅葉はなくて、青々としてました~。
レッドカーディナルやハゲワシ(コンドル?)もいました。猛禽類をみると、左翼の初列に欠損ありなどと、仕事モードで観察してしまう癖が抜けません^^;。このほか、シカもたくさん見られて、キョー!と鳴いて(尾をあげて)逃げていく姿を見て、その尾が予想してたのより長くてびっくりしました。

犬も娘も絶好調で、特に娘は背負子のなかで、「ばぁばぁ・・」などと大きな声でお喋りしては、空や木や鳥なんかを眺めていました。次にいくときは、Brazos川沿いのトレイルが開いているといいなぁ。
爽やかな午前、ゴンチチの曲を聴きながらの車窓からの渡り鳥が飛んでく風景もまた気持ちよかったです。

拍手[2回]

Holocaust Museunで、The Art of Gaman展があったので、家族で行ってきました。まず見学した常設展(たぶん)では、ナチスによってユダヤ人が大虐殺(ホロコースト)されたときの写真が展示されていました(実は、それ以前から世界各国でユダヤ人は迫害されていたことも強調されてた)。女性と子どもをまず殺し、男性は体力の有無で振り分けられ、、、。写真の伝える力はすごいです。特に、医療実験のために子どもの肌を丸焦げに焼いた写真は衝撃的でした。各家庭で子どもを育てる一人ひとりが、このようなことを繰り返さないような人間を育てることが、大きな輪となっていくのだと信じたいです。まずは自分の子どもから!
Gaman展の方は、大戦中、在アメリカ日系人が収容所にいれられたときに、身近にあるものを工夫して作った作品が展示されていました。こちらは労働はさせられたものの、虐殺はなかったという説明でした。

拍手[2回]

プロフィール

書き手:ごろり
アメリカに住む主婦です。今日、楽しかったこと、嬉しかったこと、おいしかったもの、初めてのこと、うっかりしたこと、そんな小さな幸せや発見を書き留めていきたいなと思っています(*´︶`*)

2017年4月からノルウェーでの駐在生活がはじまりました。

母親になって

今日で 日目です。日々、人として、親として成長していけたらなと思っていますヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノHappy on!

最新コメント

[01/19 かい]
[12/19 かばでぃ]
[12/03 ごろり]
[12/03 ごろり]
[12/02 わる]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- てくてく日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]