忍者ブログ

てくてく日記

ごろりの日常(育児生活?)をのんびり綴っています(^-^)☆

2017/08    07« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »09
翌朝起きると、ホテルの部屋のドア(内側)に雪が吹きこんでたまっていました。車も雪かきが必要だったくらいで、夫は朝から大忙し。旅の予定も変更です。

こんな状態でも、スピードを出す車がたくさんいて、そこいらじゅうで車が事故ってひっくりかえったり、路肩に落ちていました。警察も見かねたらしく、I10の東(テキサス)方面の車線は、パトカーが車線をふさいでゆっくりと走行することでスピード規制をしていました。この渋滞。
ニューメキシコを抜けて、アリゾナに入ったあたりではすっかり雪もなくなり、行けるか心配していたChiricahua National Monumentに無事に到着。途中、オオカミちっくなでかい犬を目撃。ここでは、雪化粧した山がお出迎え。
ビジターセンターにいくと、除雪のためBonita Canyon Driveがまだクローズしているとのこと。もう少しで開くだろうとのことで、先に犬OKなトレイル(Bonita Creek TrailからSilver Spur Meadow Trail)を歩くことに。途中、寄ったキャンプサイトでは、野生のシカの家族が、わずかな緑の葉をもっしゃもしゃと食べていました。
犬は砂の翌日は雪を歩けて嬉しそう~。ここのトレイルは、ワンウェイなせいもあって、帰りにやや飽きちゃう。歩くこと自体は楽しかったです。
夕方になって、道路が開いていたので、頂上までドライブ。Massai Pointでは、こんな風景が広がっていました。犬が行けないトレイルがあって、見た感じよさげでした。
下りながら、岩を堪能~。特に夫が気に入ったようすで撮影頑張っていました。どうやってできたんだか、地質学者と一緒に行ったらもっとわくわくなお話がきけそうです。


拍手[2回]

PR
ついにテキサスを抜けだし、ニューメキシコに入りました。ここでは、夫が好きなB'zのボーカルさんがジャケ写に撮影に来たというWhite Sands National Monumentに寄ってみました。天気予報でウインターストームが来ると言っていたので、朝早起きして、いそいでお握りを握って出発。晴れ間のあるうちに滑り込みセーフです。
砂すべりのそり(?)をレンタルして、いざ出発。普通に雪みたい!だけど、冷たい風が吹きすさんでいます。美しい砂紋ができるだけあります。
白い砂の世界に白クマさん出没~♡妹にありがとう。娘、動きません(笑)
いざ、そり遊びを始めるも、ま~~~ったく滑りません。蝋をぬってもま~~~~ったく効果なし。なので、人力で押します!娘は嬉しそう!(手頃な写真がないのでこちら↓)。道路沿いの急な斜面でようやっとそり遊びができて、よかったよかったというところ。よじ登るのにひーひー、ぜーぜー。
犬は砂の世界にテンションマックス。ここまで喜んでくれたなら、遠路はるばる連れてきたかいがあったもんですと言いたくなるくらい。そして、夫と遠くの丘まで走っていってしまいました(^^)
お昼に近くなると、いよいよストームがきたようで、雪が降ってきました。動植物の名前を教えてくれるボードがあるトレイルを歩いてから、公園を後にしました。大満喫できました~☆
その後、本当に雪が本降りになり、ぶるっとしていた犬にセール品の服を急遽買ってあげたのでした。

拍手[2回]

翌日、ホテルを出発して、Marfaの外れの荒野にぽつ~んとあるPRADAの店(実店舗ではなく芸術品だとか)を観光してから、テキサスの西端にあるエルパソに到着~。
もうすぐそこにメキシコの街並みが見えています。アメリカとは家の造りや雰囲気が簡素で、、、資本の差を感じさせられた。当初はフエコタンク州立公園に行く予定だったのですが、事務所で犬がOKな場所を確認するとあまりに少なくて、ほぼ観光できないことがわかった。
そんなわけで、全域犬OKのFranklin Mountains State Parkに変更することに~。ゲートがあるだけで、オリジナルピンバッジなども作っていないような質素な公園ではあったんだけど、これが良かった!
高台にあがると、広大な地平線が見えました~。写真は、ピクニックエリアを見降ろしているところ。
振りかえると、こんな雄大な山が~。お握りを食べたあと、Aztec Caves Trailをハイキング。写真の中央やや右寄りの谷あたりにある洞窟まで登ります。
公園内で見た草花たち。からっからのドライフラワーみたいですが、きれいな実や花をつけています。
斜面になってくると足元に砂利があったので、犬が登りにくそうで、ところどころ手助けしながら進みます。
30-40分ほど、時間をかけて洞窟まで到着~。顔を隠す必要もないくらいのスケール。
洞窟からの景色は、写真では伝わらないですね。美しかった~。私のなかで三蔵法師系の景観(笑)。下りのときの犬のスピードの速いこと!夫に先に歩いてもらって、犬のスピードを抑えて歩きました。だいたい5,500 ft(1,676m)くらいまであがったみたいです。

拍手[1回]

翌日、西へ行くほど、林と牧場とウチワサボテンから、アガベのつんつんと低木ばかりの風景に変わってきました。Bakersfield@Texas
道路を作るために削った場所には、地層が見えてきれいだった。
I10から横道にそれて、17号と118号を走っていくと、景色が美しくて車窓が楽しかったです。そして到着したのは、Davis Mountains State Park
ここは国立公園に近いくらい施設が充実していました。レストランやロッジ、展示施設などなど宿をここにしてもよかったな~と思うくらいでした。
ギフトショップでクマを押してるので、夫が聞いたら、かつてクマがいたけど、今はハンターにBig Bend国立公園に追いやられてしまったそう。また戻って欲しいそうだけど、、、景観を素人目で見る限り、もう少し木がないと厳しそうな??・・・にしても、このどこまでも続くかのような荒野は圧巻でした。気温は低いけど、日射しは痛い!
山頂には、ニューディール政策の一環で作られたそうな小屋がありました。そこから見える、細長い岩が積み重なったような山の景色が美しかったです。
政策の面影はトレイルの階段や石の壁にも残っていました。Old CCC Trailを歩くと、イノシシ家族が木陰にいました。ウリ坊はほんとちっこくて可愛かったです。写真は、警戒中の大人。にらみを効かせてました。
Big Bend国立公園にいくときは、是非ここにも~☆

拍手[2回]

今回のロードトリップでは、娘と犬連れのため、午前中に移動して午後には犬OKな場所(主に州立公園)で観光というスタイルで、えっちらおっちら西に向かいました。朝ごはんを食べて車に乗り込むと、娘はお昼寝を1時間半くらいするので、その間にひたすらドライブ~。(早め早めの)給油のたびに、犬を外に出してあげました。娘も犬も酔うこともなく、特に犬は泣いたり、立ちあがってケージの中でうろつくこともなく大人しかったです。



---


初日は、宿の周辺にあったSouth Llano River State Parkへ。到着すると、なんとクローズ・・・ハンティング中ですとな。対岸には、大きなイノシシが2頭見えました。仕方がないので、南にある洞窟を目指すも、某検索サイトで案内された道路は私有地ばかりでどこもカギかかっていてがっくし。お握りを食べて、市内の展望台にでも行こうかと引き返してきたら、公園がオープンしていました(苦笑)。とりあえず、よかった~。

この公園は、保護されているためだと思うんだけど、大きな七面鳥がいることで全国的に有名なんだとか。そんなわけで、マップの灰色部分のトレイルは朝10時から15時の間(あまり七面鳥の活動しない時間帯)しか入れないんだとか。
そんなわけで、ウチワサボテンがたくさん生えているPrimitive Camping Areaまで往復してきました。犬の鼻の脇に、サボテンのけっこう太いとげが刺さっていたのに、平然としていたので私たちは衝撃でした。大丈夫かな、この犬と(笑)。旅の最初にふさわしい(今回)一番地味な公園でした。見た動物は、アルマジロ2匹。でも、当時は楽しく散策できたのでした。

拍手[4回]

プロフィール

書き手:ごろり
アメリカに住む主婦です。今日、楽しかったこと、嬉しかったこと、おいしかったもの、初めてのこと、うっかりしたこと、そんな小さな幸せや発見を書き留めていきたいなと思っています(*´︶`*)

2017年4月からノルウェーでの駐在生活がはじまりました。

母親になって

今日で 日目です。日々、人として、親として成長していけたらなと思っていますヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノHappy on!

最新コメント

[01/19 かい]
[12/19 かばでぃ]
[12/03 ごろり]
[12/03 ごろり]
[12/02 わる]

ブログ内検索

<< Back  | HOME Next >>
Copyright ©  -- てくてく日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]