忍者ブログ

てくてく日記

ごろりの日常(育児生活?)をのんびり綴っています(^-^)☆

2017/05    04« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »06
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の血液検査の結果が出て、電話があった。娘は少し貧血ぎみだそう。先生は食事で補えると思うから、薬は飲まなくて大丈夫だろうとのこと。もし、処方して欲しければ連絡するようにと言っていた。そして、次の15カ月健診で、再検査だそう。。。まだ採血させちゃう(泣)。次は、日本から戻った直後なので、明日からの食事+日本での食生活にも気をつけなくては。

----
メモ:
「離乳食に、色の濃い系の野菜と、赤身系の肉や魚を与えると改善する。牛乳は20oz以上は与えないようにするように」と説明があった。

これまで離乳食では、ホウレン草などの野菜から鉄分を摂っていて、私はマタニティ用のサプリを飲み続けてはいるんだけど、野菜と母乳ではもう足りなかったんだなと反省。

たんぱく質は、ギリシャヨーグルト、大豆と大豆製品、鶏ささみ、白身魚、、、あたりだったので、そろそろ赤身系の肉や魚もあげないと。だけど、例えばマグロとかは、体に害を及ぼす物質の生物濃縮がよくないと見聞きするし、ここで手に入るレバーはどのくらい新鮮&安全か分からないし、、、自分ならいいけど、将来のある子には心配になってしまう。かといって、鉄分不足のままでは困るしねぇ。ミ○プルーンみたいなものは手に入るのかしら。そろそろ離乳食のメニューも次の段階に進むときが来たということですよね。


----
追記:
コメントやメールでアドバイスを貰ったので、追記。

●教えてもらったこちらの資料(下記に一部引用)の表1をみると、1歳から3歳までは一日あたり鉄分7mgの摂取が望ましいよう。肉系に含まれるヘム鉄のが、豆、野菜やシリアルに含まれるノンヘム鉄より吸収されやすい。鉄分の吸収には、ビタミンCを一緒に摂るとよい。:

”There are two different types of iron:
 Heme iron, found in meats, is more easily absorbed by the body.
 Non-heme iron comes from plant sources like legumes, vegetables, and cereals.

Here are some foods that are rich in iron:
 Meats: Beef, lamb, pork, veal, liver, chicken, turkey.
 Fish: Babies under 1 year old should not eat shellfish such as lobster, shrimp or scallops.
 Eggs: Do not give egg whites to babies under 1 year old.
 Grains and cereals: Iron-fortified cereals, whole grain breads, enriched bread, pasta and rice.

Other sources of iron:
 Legumes: chick peas, lentils, dried peas and beans.
 Vegetables: spinach, broccoli, Brussels sprouts, green peas, beans.

 To help the body absorb even more iron, combine these foods with good sources of vitamin C, such as oranges, tomatoes and red peppers. For example, serve an iron-fortified breakfast  cereal with a glass of orange juice. Or top spaghetti with a meat and tomato sauce.”

●鉄製のフライパンを使うとよい。

●母親自身の栄養改善を図る(母乳のため)。うちは赤い肉が少なめな食事なので、慢性貧血なのかも。


娘は、肉や魚の食感が嫌なのか、あまり進まないので、ひとまず少しでも補給できるように、シリアルと、鉄分入りのおやつを購入。他に、コーンフレークやオールブランもお勧めしてもらったので、今度、探してみようと思う。あとは、大人用にスムージー作って、娘のヨーグルトに混ぜれば、家族で健康になっていいかなぁ。青汁ヨーグルトを再開するか。。。調理して精神的に疲れるよりはと、お手軽な方法を考え中。これで次にひっかかるようなら、サプリを処方してもらおうかなと。

拍手[2回]

PR
娘の12カ月健診を受けてきました。前回(9カ月健診)よりも、体重は+0.95 kg増(1日あたり約10g増)、身長は+4 cmでした。パーセンタイルはより長身に、それに伴って体重もやや重くなったけど、それでも長身やせ形体型のよう。なぜか頭囲は変わっておらず、ぼちぼちなパーセンタイルにさがった♪ 担当医からいくつか口頭で質問されたこともあったんだけど、診察後の採血のときに、きょ・・・、いや横に大きな女性二人に囲まれて、押さえとけとプレッシャーを与えられたインパクトが強すぎて、記憶から消え去ってしまった。ひとまず、健康印いただきました。有難いことです。



<予防接種>
・MMR (Measles, Mumps and Rubella, 1回目)
・Hepatitis A (1回目)
・Prevnar (PCV, 4回目)

・CBC(screen for anemia/not an immunization)& Lead level →別の施設に行って、腕から採血。動こうとする娘を押さえてっ!と怒られて、、、めっちゃ可愛そうだった。



<メモ>
・健康で成長もGood!とのこと。

・母乳を牛乳(Whole milk)に換えてよいとのこと。量は最大2カップまで。親が望むなら、2歳まで母乳を与えて構わないとのこと。2歳になったら、脂肪分2%の牛乳を与える。牛乳の脂肪分は脳の発達に重要なので、脂肪分のない/減らしたものは与えない。(フルーツ)ジュースなどは最大1カップまでにすること。

・テーブルで食事を摂るようにすること。テーブルフード(大人のものを取り分けるってことかな)を与えてよい。

・虫歯などの予防のため、15カ月までに哺乳瓶やおしゃぶりをやめる、シッピーカップの使用は最小限に抑えるように勧めていた。そして、(蓋なしの)カップで飲めるようにするとよい。

・フッ素いりの歯磨き粉をちょっぴりつけて、歯磨きをするとよい。歯の健診がはじまる2歳までに、歯磨きが習慣となっているように練習するつもりで。

・聞かれたことは、「ばーばー」などしゃべるか。つかまり立ちをするか。指差しをするか。など→どれもクリアしてた。

・鼻水がとまらない件は、あっさり風邪だねと。熱は出ていないから鼻風邪かな。加湿器をそろそろつけてもいいんじゃないかと勧められた。あとは、鼻水吸い器で鼻水を吸ってあげてと。お役立ち情報は得られず。

・ハンドアウトには、親が一貫した態度で子どもに接することとあった。キッチンセットなど、リアルな物を疑似体験できるような玩具を提供するように。歩きはじめたら、頭をぶつけやすいので注意するべし。


# 生後 366日

拍手[2回]

娘の9カ月健診を受けてきました。前回(6カ月健診)よりも、体重は+0.78 kg増(1日あたり約8g増)、身長は+4 cmでした。パーセンタイルをみると、相変わらず身長が平均より高めで、体重は軽めで推移しています。成長曲線にはきれいに乗っているようなので、ひと安心。今回は予防接種もなく、先生が心音など体をチェックして終了。次は1歳になってからの12カ月健診です。




<予防接種>
今回はなし

<メモ>
・健康で成長もGood!とのこと。

・今回から問診票の記入があった。計6ページくらいあって長かった。娘の面倒をみながら夫と交代で記入したので、全部は把握していないけれど、物を掴むか、物を両手で掴んで打ちならすか、小さなものを掴めるか、ひも状のものを掴むか、親指を使ってものを掴むか、離乳食を食べているかなどといった成長の指標を確認している風でした。スナックをあげているか(ポップコーンなど)と記載があるのはアメリカならではですかね。

・質問票のなかで、Don't knowと答えた項目は、とっても小さなものを掴めるか(小豆をみせたら掴めた)、入れ物に入った小さなものを取りだそうとするか(取りだした)などは、飲み込み防止で試したことがなかったので、帰ってから確認。安全と子どもの成長とのバランスって難しいものですね。

・ミルク(うちはまだ母乳)を牛乳にかえてもよいと言われた。そういえば、夫も私も牛乳を飲まなくて、代替品として豆乳を使っている。だけど、娘にはあえて牛乳を飲ませた方がよいのだろうか(次回、質問してみようか)?ヨーグルトは毎食あげている。

・カーシートの向きは、満2歳になるまでは後ろ向きにセッティングすること。

・離乳食はそろそろ一日三回食にすること。たんぱく質、ビタミン、糖質などバラエティに富んだものをあげるように。うちはまだフルーツをあげていなかったな。

・インフルエンザの予防接種を受けるように。1回接種後、4週間後に2回目を受けるとのこと。親も受けること。小児科でうけると、子どもだけ保険が適用、親は現金になるかも。

・犬がなめると、顔が赤くなる件を質問してみた。犬がなめた部分だけ赤くなること、ぜーぜーと息苦しくなったり、咳が出ないことから、おそらくアレルギーではないだろうとのこと。犬がなめた刺激で、反応を起こしているのだとか。これまで家で対症療法していたように、舐めたら、濡れタオルで拭いて、保湿クリーム(Cerave)を塗るという対応でよいそう。大抵の子は、大人になるまでには反応がでなくなるそう。痒くて可愛そうだけど、よかった。

・その他、ハンドアウトに食事量、睡眠時間、カーシートをコンバーチブルに換える必要があること、安全のための注意などが書かれている。


# 生後 274日

拍手[3回]

娘の6カ月健診を受けてきました。前回より体重は+0.82 kg(1日あたり約13 g増)、身長は+4 cmでした。パーセンタイルは相変わらず、背が高く、体重は平均よりやや軽め。最近は、母ちゃんじゃないとイヤイヤ期のようで、診察中も、予防接種(看護士さんが目にもとまらぬ程の早技で、三本の注射を腿に打ったので、夫と目が点になりました(笑))でもギャン泣きしちゃいました。今回も健やかに育っていると言われ、ほっと一安心しました。次の9カ月健診まで、事故や大きな病気などなく元気に過ごせますように☆






<予防接種>
・Pentacel (D TaP = Diphtheria-Tetanus-acellular Pertussis(ジフテリア・破傷風・百日咳ワクチン), Hib = Haemophilus influenza type B(インフルエンザ菌b型), IPV = Injectable polio vaccine(ポリオ)3回目)
・Hepatitis B(3回目)
・Prevnar (PCV, 3回目)

・Rotateq(経口、3回目)少しずつ上手に飲めました。



<メモ>
・健康で成長もよろしいとのこと。そのせいか、夜間の睡眠のことも、離乳食のことも聞かれず。

・首と背中に少しだけあせも(Heat rash)が出来た→Hydrocortisone 0.5%-1%(処方箋なしで買える)を一日2回塗り、その上にOintment/Creamを塗るとよいそう。

・耳をかゆそうにする→耳あかはたまっていない。乾燥肌ぎみなので、耳(外耳の内側部分)にあせもと同じクリームを塗ってあげるといい。

・娘は向き癖があって、寝るときにいつも同じ方向をみている。そうすると、向く方向の逆足が縦膝状態になる。そうなっていると、股間節脱臼しやすいそうなので、股間節が外れてないかダブルチェックしてもらった→今のところ、その兆候はなく、心配するにはまだ早いそう。

・指しゃぶりを長い時間するけれど、大丈夫か→2歳、3歳になってもなおらなかったら、考えはじめるとよいそう。こちらも心配するにはまだ早かったもよう。

・まだ時々、おっぱいの吐きもどしをするが大丈夫か→吐きもどしたときに、けろっとして本人が気にしている風でなければ、ただ単にたくさん飲み過ぎてでちゃっただけとのこと。喉がやられてなくてよかった。

・虫よけスプレー(insect repellant)を使ってよいか→OK。ただし、傷口(があれば)につかないように、手、口、目の近くにつけない(顔に塗るときは大人の手にかけて、赤ちゃんの顔にそっと塗る)、洋服の下(体には)ふきかけない。可能であれば明るい色の長袖、長ズボンを履く。虫よけは、DEET(10%-30%)が乳幼児にも安全だそう。10%DEETは最大2時間、30%DEETは最大6時間プロテクトできる。Picardinも最大2時間プロテクトできる(どっちがいいかはネットでも)。家に帰ったら、石鹸と水で洗い流す。

・日焼け止め(Sunscreen)も使ってOK→UVR(UVA+UVB)プロテクト機能がある製品(Titanium dioxideとZinc oxide(肌の老化を促進させるとかネットではでてるね)を含む製品)を、でかける20分前につける。6カ月以上の子には少なくともSPF30以上のものを勧める。お出かけ中は2時間に1度塗り直す。

・ハンドアウトに歯が生えてきたら(Teething)、離乳食について(Diet&Nutrition)、睡眠(Sleep)、キーポイント、安全について、言語の発達についてが書かれているので、読むこと。


# 生後 187 日

拍手[2回]

小児科の先生に紹介された皮膚科(Dermatology)に行って、娘の顔にある青斑をみてもらってきました。結果、Ito(イトと発音してた。日本語だと異所性蒙古斑に対応するのかな)との診断でした。これが癌細胞化するリスクはほとんどないとのことでほっとした反面、この斑が消えることはないそう。治療するとすればレーザーがあるんだけど、今のレーザー技術は未発達で、特に幼児に施術するのは勧めないんだとか。

思春期に、人と話しているときに、Itoにちらっと目を向けられることを気にしちゃうかもしれない・・・と親としては心配だけど・・・彼女がポジティブに受け止められるように向き合っていけたらと思います(こちらでは蒙古斑の存在を知らない人もけっこういるみたいなので、幼稚園の先生にDVと勘違いされないように、先生に一筆書いてもらってきました)。

---

追記:
こちらのブログに紹介記事があったので、リンクを追加します。

アザとホクロ
いつ治療すればよいか?
どのように治療するか?


拍手[2回]

プロフィール

書き手:ごろり
アメリカに住む主婦です。今日、楽しかったこと、嬉しかったこと、おいしかったもの、初めてのこと、うっかりしたこと、そんな小さな幸せや発見を書き留めていきたいなと思っています(*´︶`*)

2013年に犬が、2014年に娘が家族に加わり、ほぼ育児(犬)日記に!?

母親になって

今日で 日目です。日々、人として、親として成長していけたらなと思っていますヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノHappy on!

最新記事

(01/20)
(01/10)
(12/18)
(12/17)
(12/08)

最新コメント

[01/19 かい]
[12/19 かばでぃ]
[12/03 ごろり]
[12/03 ごろり]
[12/02 わる]

ブログ内検索

| HOME Next >>
Copyright ©  -- てくてく日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]