忍者ブログ

てくてく日記

ごろりの日常(育児生活?)をのんびり綴っています(^-^)☆

2017/10    09« 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  »11
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

容量がいっぱいになったので、ブログを移転しました。

移転先はこちらです。
http://alarakolara.blogo.jp/

拍手[0回]

PR
妊娠37週6日

ひと月ぶりの妊婦検診でした。あいかわらずの低血圧と、前回の血液検査では鉄分不足だったとのこと。前回は2000gちょいだったお腹の子は、3100gにも成長中。私自身の体重増加は、ほぼ赤ちゃんの成長分でした。前回は、この時期ものすごく体重が増えたけど、、毎度、違うものですね。

超音波では、タコチューな口をしたり、舌をあっかんべーと出していたり、今日は活発に動いている姿を印刷してもらえました。羊水の量がノーマルな範囲のなかでは多めに見えるからと、採血して妊婦糖尿病でないか検査。すぐに結果がでて、正常値、問題なしでした。尿検査もネガティブ。でも、破水からお産がはじまったら、けっこうな量がでてびっくりするからと言われた。どうか、陣痛からでお願いします。

毎回、産婦人科医から言われる電話番号と、産院で会ったミッドワイフがかけてくるようにと言った電話番号が違う。。。

次回は、ようやっと二週間後の健診になったけど、予定日前日だからもう産まれていたりするかもね。

拍手[2回]

もう一度、子育てを体験できるチャンスをもらう予定なので、どう行動したら/どのように環境を整えれば、子どもの自ら成長する力をアシストできる親であれるかという視点で書かれた本を読んでみました。



2003年初版の本ですから、その後、もっと進んだことも分かってきているのかもしれませんが、やはり産後直後から3歳までの時期はとりわけ大事にしなければという認識を強くしました。そして、長女のときによかれと思って/もしくは必死でよく考えもせずやっていたこともあったなぁといくつか反省しました。

・産後、ミノムシみたいなぐるぐる巻きにした時期がごく短期だったけどあった(すぐにゆる~く、動きやすく変えた)

・授乳の仕方(娘が自分から放す前に反対側に交替したこともあったっけ)

・おしゃぶりを与えたこと

・離乳食の開始時期が遅かったこと(私の怠惰)

・離乳(断乳)の遅さ(私にとっての利便性が優先されてたよなぁ)

あたりが思いつきました。このことによって、娘の精神的な自立・自律を阻害していたのかもしれないです。この二年半、長女を見てきて、乳幼児は何もわかっていないどころか、しっかりとした一人の人間としての人格があることは(実際に育児をする前に想像していた乳幼児観よりもずっとずっと)理解できるようになったので、二女の時には反省を生かして、よりよい行動・環境を整えられる親でありたい。もちろん、引き続き大事な時期(3-6歳)に差し掛かろうとしている、長女に対してもね。

拍手[2回]

ついに臨月に入り、お腹もずいぶん張り出し、立ちくらみと、疲労感、白夜のせいもあるのか不眠がすごいです。前回の出産前は自分のペースでこんこんと眠っていたし、2年分歳を取った分、体にこたえているのでしょうか。最近は、日常生活(ちょっとテイクアウトとか、もちろんコンビニやスーパーで娘が食べられるような総菜もないし、三食自炊が基本なノルウェー。時間は取られるけど、ある意味、家族の健康にはいいのかも)を送るのがやっとこさの日があれば、少し元気で引っ越し荷物の荷ほどきと、赤ちゃんを迎える家での準備が進む日があるという毎日です。あと一息!

しばらく前に、出産する病院で、ミッドワイフに会い、出産時の説明を受けてきた。ミッドワイフは、ノルウェー語(片言の英語)で、日本人通訳の方が電話を介して訳してくれた。通訳の方がちょっと付け加えて訳してくれたところによると、とても説明が丁寧な方で珍しいそうだった。

ここでは、公立病院は一つしかなく、公私どちらのミッドワイフにお願いしてもこの病院で出産する。通常は、ミッドワイフしかいない(この国では医師が赤ちゃんを取り上げないそう)階で出産して、それから病院のホテルに移動して2泊ほどして退院するそう。私は前回が帝王切開というより胎盤剥離が起きかけていたので、ミッドワイフと3人の医師が交代で常駐する階で出産して、産後、病院ホテルにはいかずに上記のミッドワイフしかいない階に移動して、相部屋で3日間入院することになるのだそう。

前回が帝王切開であっても、特に問題が起きなければ、自然分娩になるそう。しかも、無痛分娩にするかどうかは、事前には選べないそうで、、、マスクみたいな形で陣痛の痛みを和らげることはしてくれるとか。前回、途中まで無痛分娩を予定していてエピを入れてもらって助かったので、産後のダメージ(3日しか病院にいられない)を考えると無痛にしてもらいたいけど、、、医療費が無料ということは、できるだけお金を使いたくないからなんやかんやと胡麻化されて、無痛分娩させてもらえないのではという恐怖。

持ち物は、アメリカよりも要らない。特にこだわりがなければ歯ブラシだけでよいそう。大人の7下着まで滅菌したものが支給されるそうだが、下着はそれ用のものが薬局で売っているから、5枚ほど準備してくるとよいとのアドバイスでした。付箋にどの商品を買ったらよいかノルウェー語で書いてもらい、薬局にいくと、「TENA Fix」というものを渡された。

アメリカと同じで、万が一帝王切開になっても、産後すぐに授乳タイムを設けてくれるそう。その後、シャワーを浴びて、上述の相部屋へ移動するようだが、それからずっと赤ちゃんと一緒にいられるのか、日本で聞くみたいに赤ちゃんは別部屋で管理されてしまうのかを聞き忘れた。

ノルウェーのんびりな国だなと思ったこと。出産の諸々に関して、セミナーがあるから参加するか?と聞かれたので、Yesと返事をした。そしたら、あ、今週から8月末まで夏休みなので、セミナーもお休みでした。。。だそうです。通訳の方も、苦笑しながら、その間は出産もお休みだと思っているんですかね、この国は、、、とフォローのお言葉^^:

病院に駆け込むタイミングは、ほぼアメリカと同じでした。直通の電話番号に連絡してから病院に向かう:

・陣痛からはじまった場合、子宮口が4cm開いた状態からアクティブな出産がはじまるということになっているそうで、陣痛の間隔が5分間隔になったら、病院へ。

・おしるしがあった場合、上述の陣痛が5分間隔になるまで自宅待機。

・破水した場合、すぐに病院に電話して、向かう。検査後、すぐに陣痛がこないようなら自宅に帰り24時間待機。陣痛がくれば、状況をみて、そのまま入院か自宅待機が判断される。

・出産予定日よりも、1週間過ぎても何も起こらない場合、病院に連絡して、出産促進の処置をおこなう。

個人的には、前回と同様に、おしるしと陣痛から始まる出産だと有難いけど、さて、今回はどうなるかな。

*前回の記事で、夜間9時から朝9時までは出産に家族が立ち会えないというのはデマ情報でした。駐車場代がかかるし、娘と犬もいるので、どのみち夜間は家で過ごしてもらう方がいいかな。

拍手[2回]

ノルウェーでは、住所が決まらないとパーソナルナンバーを発行してもらえない。パーソナル版バーがないと、中古車を買ったり、運転免許を取ったり、公共の病院を予約・受診することなどができないそう。そんなわけで、私立病院(クリニック)を予約してもらい、妊婦検診を受けてきました。

予約時間から遅れること20分くらい、ようやっと呼ばれる。看護師はおらず、医師が患者を呼び、問診して、問診票を作成・印刷して、超音波をしてくれた。アメリカはなんでもそれ専用のテクニシャンがいて、それぞれを別室に行って受けたりするので、だいぶ違うなぁと思った。

妊婦検診は基本的に月に一度だそう。町に公立病院は1つしかなく、そこにはOB/Gynの先生も2人くらいしかいないとかで、予約がなかなか取れないとのこと。なので、自分たち駐在の立場の人は会社が医療費を負担してくれるので、うまく使い分けているようだ。出産は腕も評判のよい私立クリニックの医師とミッドワイフに、子どもの定期検診などは公立病院で、風邪など緊急の病気では私立クリニックへと。

出産のときは、医師が取り上げず、ミッドワイフがやるそう。自分のようにもしかしたら帝王切開になるかもしれない人は、医師とミッドワイフが混在する階に入院して、そのときの状況で判断されるよう。

そして、出産時でも、夜九時から朝九時までは家族は立ち合いすることができないそうだ。

アメリカと同じで、聞かないと出産までの流れやどこに行けばよいのかなど特に教えてくれないよう。次回の検診で教えてもらうことに。次回にはIDがあるはずなので、血液検査などもできるようになるそうだ。

現在29週。超音波では、胎盤もOK、お腹の子も元気に動いていたのでひと安心でした。血圧が妊娠してないときと同様に低いので、急激に立ち上がったりしないように言われた。あとはお腹が急に出てきたようで、お腹の脇に妊娠線がたくさんできてきた。でべそになった。

備忘録でした。

拍手[3回]

プロフィール

書き手:ごろり
アメリカに住む主婦です。今日、楽しかったこと、嬉しかったこと、おいしかったもの、初めてのこと、うっかりしたこと、そんな小さな幸せや発見を書き留めていきたいなと思っています(*´︶`*)

2017年4月からノルウェーでの駐在生活がはじまりました。

母親になって

今日で 日目です。日々、人として、親として成長していけたらなと思っていますヾ(✿❛◡❛ฺฺ)ノHappy on!

最新コメント

[01/19 かい]
[12/19 かばでぃ]
[12/03 ごろり]
[12/03 ごろり]
[12/02 わる]

ブログ内検索

| HOME Next >>
Copyright ©  -- てくてく日記 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]